2009年05月29日

ダリ、最期の9日間

もう三日も経ってしまいました。ダリのいない家はあまりに静かです。

コメント頂いたみなさま、本当にありがとうございます。
救われています。
ひとつひとつにコメント返しができず、すみません。
ダリもパソコンの隣にいるので、読んで聞かせています。

どうしてもまともに人と話すことができず、あれから休みをとり、ダリとの思い出にじんわりと浸っていました。
どうやら完璧なペットロス突入ですあせあせ(飛び散る汗)

17日に倒れてから、ダリと一緒にどんな生活をしたか、自分の気持ちの整理のためにも、思い出したもの、記録していたものを書くことにしました。

この9日間の介護生活はすべてがダリ中心で、仕事以外では片時も離れない、濃い日々でした。自分のことはまるで手がつかないほど、ダリとベッタリしてました。


それでもいろんな後悔は残ります。
9日間しか世話してないのに、辛くあたることもありました。
ヘタクソな介護に、ダリは「やれやれ、こいつに介護はまかせられんなぁ」と思ったかもしれません。
まったり老犬なのに調子にのって運動させて、酷だったかもしれません。
元々、手のかからないダリが、迷惑かけないように、と、ポックリいってしまったんじゃないかと思うこともあります。

ほんの短い間のことなので、あまり役立たないかもしれませんが、どこかで誰かの参考になって頂ければ嬉しいです。

小出しにしようと思ったら、全部書いちゃいました。
エッセイかい!ってくらい長〜〜〜〜いので、
続きは「続きを読む」から〜



***** 18日(月)
仕事を早退して、18:30からダリの病院へ。倒れてから一日たった経過を報告。
首から上も半分不自由なため、食事がうまくとれず栄養剤を打ってもらうことに。
抗生剤の注射もしてもらったけど、注射に気付いた途端、これまで聞いたこともないような絶叫ぶり。
先生の前でほとんど声を出したことがないため、「この子はこんなに声が出るんだ〜」と、先生もビックリ。私もビックリ。
痴呆になったらこんな夜鳴きが続くのかな?と笑っていたけど、数日後には現実にもうやだ〜(悲しい顔)


夜、伸び伸びだった爪を切る。
左側はまったく気付かない様子で、なぜかうっとりモード。
犬用爪切りで切ったあと、ヤスリで丸くします。

右足は嫌がるので翌日にすることに。

***** 19日(火)〜22日(金)
昼間は私が仕事のため、夜仕事のえびおじさんが昼間介護をし、夜&朝にバトンタッチ。という生活。
ダリはどうやら私が仕事に出た途端にスピ〜っ眠い(睡眠)と寝始め、帰ってくると大ハッスルダッシュ(走り出すさま)するらしい。
この15年間、朝、仕事に出る時に玄関でダリと濃厚ブチュ〜をしていたけど、今は興奮し始めるためハートたち(複数ハート)、えびおじさんから禁止命令。
肉球に挨拶して出勤。毎日昼寝しているダリの様子がメールで届く。ほぼ同じ写真。
↓オムツの横からお漏らしのダリ。シーツの下にペットシーツを敷いているので、気にしません♪



上半身を覆うハーネスが届いたので、上から支えて歩く練習を始める。
左足には靴や靴下を履かせたり、滑り止めの包帯を巻いてすり切れをガード。
でも、途中でおしっこする時に、必ず左の前足めがけてするので、掃除したり取り替えが大変。

その間に、毛布でくつろぐダリ。


リハビリは、玄関から居間へ入ってソファーを1周して寝室へ。この往復を2周しただけで、ヘタる。疲れるとすぐ足を後ろに放り出し、ハーネスに吊られた状態で「もうムリです!」とアピール。でも何故か息切れはしていない。

吊られているので、足をバタつかせる程度だけど、少しずつ左も着いて動かすようになる。というか、時には健康なときよりも歩くスピードが早くなりオドロキ。
いつか走っちゃうんじゃないか?と思う。ヘタった後のダリは得意顔です。

ごはんも、食欲はあるけれど、舌の使いかたがぎこちないので、がっつく。
ダリもしまいには怒りながら食べてるので、手のひらで一口サイズにしてあげると、うまく食べられるようになる。
そして、周囲にはササミが飛び散り、ダリは顔面ササミだらけでいつも笑われる。

ごはんを平らげた後はスヤスヤ眠るので、夜はおやつで気を引き、ごはんは徐々に深夜へ。

おしっこは自分である程度コントロールできるらしい。
運動や食事の後に少し出して、他は、出そうな時に鳴く。
気付かずに手遅れになることもあるので、えびおじさんにより、強制オムツ。


うんPは、P体勢で力が入らないため、オスワリ状態で自然に任せている感じ。
いい感じのPが出るけど、今までのダリのPを考えると、一日一回はちょっと少ないかも。
お腹やお尻を揉んだり、ツボを押してあげると、ポロっと出るようになる。
運動中にも出すようになったけど、必ず冷蔵庫の隣。元気だったときによく“ふてうん”してた場所を覚えているらしい。


寝姿は、右を下にすると落ち着くものの、立とうとして反対側にひっくり返り、顔面を打つこともあるので、辺り一面に毛布の準備。
左を下にすると、もがくけれど結局立てないので観念し、徐々に落ち着いて寝るようになる。


ただ、夜はやはり寝ないため、私の睡眠時間も2〜3時間ほど。私もえびおじさんも、ダリが寝たスキに寝て、「キュン」という声で起きる生活に。元来、2人とも睡眠時間が少ないタイプなので、休日に調整すれば、意外と平気かも。と思う。(仕事中ウトウトするけど。)


体がカユイのに自分で掻けないのが、ダリにとってストレスになっているのかも。
いつも痒がっているところを延々とブラッシングすると、かなりご満悦で、全身を使ってもがくので、いい運動に。左半身も絶好調♪



***** 23日(土)
00:00 健康で見事なうんP一本。ほどよい堅さで約10cm。超クサイ。
01:00 ウェットフードにドライフードを混ぜて70g平らげる。
リハビリとまったりを繰り返し、
04:00 - 06:00 寝る
12:00 - 16:00 寝る

寝た時間以外はずっとスリングでゆらゆら。

18:30 頃 病院へ、近況を報告。


おしっこもうんPも順調で、食欲もあるし、水も飲む(介護状態で)。
以前と変わって心配なのは、「歩けない」のと「眠れない」という部分だけ。
日に日に夜鳴きもヒドくなるので、安定剤をもらうことに。

診察台で寄りかかりながらもオスワリできたし、立ち上がって抱っこを求めたので、抱っこしてあげる。
体重3.4kg 倒れた時より200g減少。もっとおやつあげてもよいのかな?


目薬マロメールと人工涙液、安定剤×10日分、ルンワン×10日分をもらう。
安定剤はきかない子もいるらしいので、様子をみることに。
この日からダリの睡眠時間を記録することにする。

22:00 頃 安定剤。
23:00 頃 ルンワンとかゆみ止め。
………なかなか寝ない。

***** 24日(日)
01:30 ウェットフード+ドライフードを60g、メイベットDCも少々
02:00 便(少量)
04:00 - 06:00 ようやく寝る
07:30 えびおじさんが帰宅し、食事。ヒトの食べ物には興味津々。まだかなり鼻は効くようです。
08:00 - 11:00 寝る
11:00〜リハビリ&まったり。
15:00 - 17:30 寝る
この隙に掃除洗濯&ブログを更新。

18:30 便(少量)
20:00〜おやつ食べ放題。
22:00 頃 安定剤。
23:00 頃 ルンワンとかゆみ止め。
23:00 便(少量)

この日は全然睡眠をとらず、静かに鳴き続けるので、おやつや水をあげ、スリングであやすと落ち着く。とにかく、触ってあげるといいらしい。甘えん坊炸裂ですexclamation×2



***** 25日(月)
00:00 - 02:00 ようやく寝る
02:30 ウェットフード60g

昨日の夕方から起きて、0:00から2時間寝ただけで、ダリが朝までキュンキュン言って寝てくれない。土日の睡眠時間も少なかったため、ごんろく、ついにキレる。
「仕事があるのに何で寝てくれないの!!どうしたいの!?」と。ダリはキョトン。
ごめんねごめんねとギュウギュウするが、ダリはショックかも。


そして朝7:00、朝鳴き、遠吠え、絶叫、なんと表現すればよいのか分からないほど叫び続ける。ご近所さんもかなり迷惑しているかもしれない…。
幸いにも、目の前は交通量が多い道路で、隣と裏でマンションの工事があるため、昼間は多少鳴いてもよいことにしよう、と、良いほうに考える。

出勤時間も迫っているので、なかなかかまってあげられず、放っておくと、えびおじさんが帰宅し、スリングであやす⇒寝る。エ〜〜〜〜〜〜ッ??

その後の様子は、
08:30 -15:00 寝る
16:00 - 20:30 寝る

20:30頃私が帰宅すると、ダリもえびおじさんも熟睡中だったので、起さずに私もその隙に寝る………と、ダリが

「キュン♪」。
「キュン♪キュン♪」。
「キュ〜〜〜ン♪」。


ウーム。どうやら私がいると寝れないのかもしれない。
でも、えびおじさんが休みなので、夜の介護を託し、私はこの一週間分の睡眠不足を補うことに。

するとダリは……
21:30 - 00:00 寝る

***** 26日(火)

01:00 - 02:15 寝る
03:30 - 05:15 寝る
やっぱり私がかまうと寝れないのか??
それともえびおじさんのあやしかたが上手なのか???

そしてまた朝7:30から1時間ほど、昨日と同じく、絶叫
出勤のため、肉球にさよならして家を出ると…
08:45 寝る。あぁそうかい。
09:07 就寝中のダリの様子が珍しく動画で届く。



13:00 起きて、えびおじさんとまったり

16:00頃 寝る。

20:30頃 布団の下のほうへ移動しているダリを確認。
移動?でも寝ているらしいから、起さないようにそっとしておく。

21:12 仕事帰りの私が、えびおじさんに「帰るメール」。

21:18 えびおじさんがダリの様子を見に行く。呼吸が止まっている。⇒心臓マッサージしながら、私に電話。

21:20 走って転んで家につき、人工呼吸して呼び続けるけど、反応なし。

21:25 先生の携帯に電話し、スリングに包んで病院へ連れて行く。病院の前で先生が待っていたので、裏口から入り、ダリを診察台に寝かせる。
病院へ走っている最中も必死に心臓マッサージをしていましたが、ピクリともしません。先生も手の施し用がありません。
もう受け入れるしかありませんでした。

20:30に見た時には、もう息を引き取っていたかもしれません。
ダリの異変に気付いてあげられなかったことがショックでなりません。
何で呼んでくれなかったの、何で叫んでくれなかったの。
私も辛いけど、えびおじさんはもっとショックが大きいようです。

私が着いたころにはまだ体が温かかったのが、ダリの気遣いのようでいじらしく、次第に冷たくなっていくダリを朝まで撫でながら、それでも奇跡のように息を吹き返す姿を想像しました。いつもとまるで変わらない、ちょっと口を半開きにした可愛い寝顔でした。
その時の体重、3.2kg。また200g減っていました。

元気だったのに。。。

いつもの、ふにゃふにゃ老犬のまま旅立ちました。



これが、ダリの最期の9日間。
15歳1ヶ月と10日でした。

短い9日間の長い長い文章、読んでいただきありがとうございます。

改めて、温かい言葉、ありがとうございます。
本当に感謝してます。

あ、でも、ダリじいさんブログはこれからまだまだ続きますよ〜
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 22:56 | Comment(8) | ダリじいさん病便り
この記事へのコメント
本当に安らかだったのですね。
こっそりといくのも、なんか、ダリくんらしい。
そんな気がします。

本当に、ダリくんは憧れです。
大好きです。
伊豆旅行では、ダリくんが泊まった同じ宿で、同じお部屋で、同じルートで観光して。
完全、ストーカーですね。私。。。

Posted by ちゅう at 2009年05月30日 00:21

どうしましょうこの涙。。アタシはダリじいさんの事が、ずっとずっと勝手に大好きでした。。この先も勝手に大好きです。。だから勝手に自分のブログの中で、ダリじいさんを追悼させていただきました。。涙どうしましょう。。
Posted by ムラサ9 at 2009年05月30日 01:09
私の名前、えびおじさんとかぶっていましたね。今更ですが失礼しました・・・。

ダリ兄さん、お手本の様な最期だったと思います。
昔、祖母が、ポックリ寺の住職に言われた言葉を思い出しました。
「ポックリ死ぬのが本人は一番ラクだけど、周りの悲しみは大変なものです。だから、死ぬ前に、数日、できれば数週間、苦しいのを我慢して、愛する人たちに、できるだけ苦労をかけてあなたの面倒を見させてあげなさい。後々「最期は介護した」と思えれば、後々彼らの苦しみも少しは減るでしょう。」
(祖母はまさに住職の言葉を守り亡くなりました。)

ダリさんも、自分の最期をわかっていて、だけど、最期にママとパパに9日間、思い切り甘えて、ほんの少しだけ面倒をかけてから旅立った、計画犯だったのかもしれませんね。
9日間・・・短すぎる、と思うかもしれませんが、それでもダリさん、一生懸命がんばったのでしょう・・・。

最期の最期、ごんろくさんやえびおじさんと顔を合わせると別れが辛くなるので、帰るコールを聞いて、「それじゃ、ぼちぼち。」と、重い腰をあげたのではないでしょうか?
だから、えびおじさんにも気付かれない様に旅立ったに違いません。

なんと優しい子(じいさん)でしょう。。。
涙、出て出て、困ります。
私も皆様と同じく、あの愛らしいキャラクターにイチコロでした。会った事もないのに、こんなに愛しいなんて、不思議です。

しばらくは辛いと思いますが、マミーがあまり悲しむと、ダリ兄さんも悲しくなってしまいます。
どうかお2人が悲しみを乗り越えられる事を心から祈っています・・・。

ちなみに上に書いた私の祖母は、95歳で他界し、お葬式では、住職に「大往生です。戦争等、辛い事も多かったでしょうが、愛する家族に囲まれたいい人生でした。天国へ登るのを喜んでお祝いしてあげましょう。」と言われ、家族も、そういう気持ちを持つ様に心がけました。


長くなってしまいました。

Posted by えび at 2009年05月30日 02:19
ごんろくさん、私もですよ。夜鳴き昼鳴き、睡眠不足のなかの獣医さん通い...クックが亡くなる数日前ただの我がままと思い当たってしまいました...私は母と交代しながら約7ヶ月介護生活しました。それでも可愛くてしょうがなかったです。おじいちゃん→わがまま赤ちゃん?になったようで...絶対歩かせてやりたい!からこのままでも十分幸せだ...に変わっていきました。でもやっぱり本人を見ていると寝たきり状態は短い程いいと思う...私もまだまだペットロス。きっとクックが20歳まで大往生しても今と同じペットロスになっていたでしょう...先日クックに似てたから金魚の『黒出目金』を買いに行き、『黒ミニピンください!』『は?』というやり取りに...ごんろくさん、ペットロスにはダリ君が残してくれたこのブログで今の気持ち、ダリ君との思い出、笑える話、涙な話なんでもいから書いていく事が癒しになってくれると思いますよ。私はクックが亡くなってから介護生活を含めたブログ作ろっかと思い続けてます(自分の為にも)  そしてえびおじさんにも...私はクックの亡くなる時ずっと傍にいました...が、最後の瞬間は『おむつ取って来るね〜』と言って取りに行ってる瞬間でした...きっと彼らは最後の瞬間を見せたくなかったのではないかと思うんです...最高の愛情だったと思います...
Posted by ブラックタン at 2009年05月30日 19:53
ほんとうに、皆さん同様に、実際には会うことがなかったダリくんに画面を通してこんなにも愛おしくなれたのは、天真爛漫なその表情と仕草、ごんろくさんとの絶妙な掛け合いにすっかり心を奪われたからでした。
だからダリくんが好きで好きで愛おしくて、いつか横浜で偶然に会えたら〜、、、と、本気でうちの爺さんとみなとみらいあたりではダリくんいないかな〜とキョロキョロしたものでした。

ダリくんとごんろくさんとえびおじさんの9日間、
ごんろくさんの介護日記を読んでいて、ダリくんのあの幸せそうで穏やかな表情がダリくんの答えでしょう。
「幸せだったぞよ!!」by ダリ

濃密な9日間があってよかったって思って下さいね。
ダリくんはダリくんらしく、最後までダリくんらしくいってしまったのですよね。
「そりゃないよ〜〜〜ダリ〜〜〜!!」

でもいつもごんろくさんとえびおじさんにくっついているはずですよダリじいさんは♪

Posted by ポポ at 2009年05月30日 21:33
ごんろくさん〜又会えて良かったです、私ブログ見ながら毎回泣いてしまう・・会った事ないのに、ダリ君をずーと前から知っているように思えて、ごんろくさんも友達のように思えて、もう会えなかったらと思うと寂しくて・・めそめそしてました良かった本当に続けて下さいね!そして一杯泣いて下さいね!これからも宜しく。
Posted by フィル、マハ、カナ まま at 2009年05月30日 21:48
はじめまして
2年前にレッドのミニピンを虹の橋へやってからダリ君のブログと出会いました。
うちの子は12歳と8ヶ月でした
ダリ君と同じ頃から顔が白くなり、だんだんと寝てる時間が多くなって やっと大人しくなったな〜なんて思ったものです。実はミニピンの性格を知らないまま(笑)ペットショップで出会い、カンガルーみたいな姿とピョンピョンとスキップするような歩き方が可愛くて、そのまま連れて帰りました。それから12年、犬種特有のアレルギーや皮膚病と付き合いながら楽しく暮らしてましたが11歳で突然歩けなくなり、ステロイドの錠剤でコントロールしながらでしたが元の元気さを取り戻し、何事もなかったようになってました。
そのちょうど1年後に会社から帰宅し、いつも通りにご飯を一緒に食べ、ヨタヨタと決まった場所へおしっこをしに行き ベットに入り、又寝るの〜と私にツッコミを入れられ(^^;フツーの日常だったのですが そのまま深い眠りに入りました。
本当に眠るようにと言うか眠ったまま・・・
私も最後は腕の中で看取れるもんだと思ってました。あまりの突然さに涙もしばらくは出ませんでした。 これからは介護生活が始まるな〜とか、これから長く続くであろう老犬との生活をいろいろと考えてるところでした。結婚して直ぐに家族になり、子供のいない私たち夫婦にとっては子供同然であり、時には離婚という危機を救ってくれたかけがえのない存在でした。
その時にダリ君のブログに出会い 励まされ、癒されてました。ご冥福を祈るとともに感謝で一杯です。これからもブログが続くこと とても嬉しいです!!!楽しみにしてますのでヨロシクです!

今はまたミニピンと暮らしてます
実は前の子が虹の橋を渡る1ヶ月前にたまたま入ったショプでブルータンのミニピンと出会ったのですが・・その時は老犬の体力を考え、諦めたのですが。。そして又、1ヶ月後に見に行くとまだいるし〜〜〜
もしかして出会わせてくれたのかな。。なんて思い、散々迷いましたが思い切って新しい生活を始める決心をしました。
そしてもう2年目を向かえました 今でも思い出すと涙が出たりしますが・・・楽しい思い出ばかりです。今でもあっちで悪さばかりしてるんだろうな〜なんて考えながら笑っちゃいます。。
ごんろくさん まだまだ辛い日々があると思いますが 無理せずに過ごしてくださいね。。これからもブログ楽しみにしてます。

Posted by ハーレー at 2009年05月31日 05:40
★ちゅうさん
その節はストーカーして頂き(?)ありがとうございます。
伊豆高原の旅は、ちょうど一年前の5/27でした。重明君にはダリじいさんの匂い、分かったかな〜?
重明君の醸し出す雰囲気とか甘えっぷりが、どこか若き日のダリに似ているので、今度は私がストーカーになるかも〜。

★ムラサ9さん
温かいメッセージありがとうございます。ダリのことだから、きっと今頃「ムフッ」っと微笑んでくれていると思います。是非、ムラサ9さんのブログも拝見したいです〜

★えびさん
もう、号泣です…。そんなお寺があって、そんなお話があったなんて…。確かに、あまりに突然だったけど、最後の9日間は本当に困らせてくれた分、愛おしくて、とにかく肌身離れず、でした。ダリの最後の精一杯の甘えと優しさなんですね。ステキなお話、ありがとうございます。

★ブラックタンさん
本当にわがまま赤ちゃんになってましたね。でも歩けなくなっても全然いつもと変わらない愛嬌を振りまくので、愛おしさもつのりました。確かに、20歳まで大往生したとしても、そして、腕の中で看取ったから悲しみや辛さが減るかといえば、そうでもないかもしれません。このオトボケじいさん日記が、こんなに今の自分を、そして、みなさんを癒してくれるなんて思ってもいなかったです。まだまだ思い出はいっぱいあるので、じいさんブログは続けたいと思います。ブラックタンさんのクック君との思い出、是非拝見したいです。その時は、黒出目金君も一緒に!

★ポポさん
ほんと、そりゃないよ〜ダリ〜!なんですけどね…。でも、ダリらしい旅立ち方だったんだと受け止めるようにしています。
ポポさんちのおじいちゃんとダリ爺さん、、いつかみなとみらいでひなたぼっこできるかな〜なんて思ってたんですが…本当に残念ですね。プロフィール写真、ハンサムボーイでしたか??なかなかマトモに撮れることがないので…携帯の壁紙にしている写真です。

★フィル、マハ、カナ ままさん
ダリじいさんブログ、続きます〜。
最近改めて昔からの写真を総集めで見ていましたが、まだまだダリの恥ずかしい写真とかいっぱいあるんだもの…。ダリは天使になってもちゃんと笑わせてくれる子なんです。

★ハーレーさん
12歳と8ヶ月というと、ダリとほぼ同い年だったんですね。私も当時はミニピンの性格も知らなかったので、連れて帰ったときには「子犬ってこんなにはしゃぐの〜?」って思ったくらい大変でした。こんなにまったり老犬になるとは想像すらできませんでしたが(笑)。
老犬介護本やレシピ本も買ったばかりで、これから悪戦苦闘ながらも楽しい(?)介護生活だな〜と思っていたんですが、本犬にしてみれば、やはり短いほうがいいのでしょうね。悲しいけれど…。私も今度はきっとダリが自分のお墨付き(?)のミニピンに出会わせてくれると信じてます。
Posted by ごんろく at 2009年06月02日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。