2009年11月26日

ダリじいさん6回目の月命日

今日は、ダリが亡くなって6ヶ月目の月命日です。

P1040217.jpg

半年かぁ…相変わらず写真を眺めてはジュルっとしてますが…
なんだか今でも振り向いたらクピ〜っと眠ってるような気がしてならないです。
P1020553.jpg
と、言って振り向くとヂルが「なに?なに?」と熱い視線を送ってきますが。

今年の5月17日、ダリが倒れるほんの1時間前の写真
_DSC0295.jpg
このとき、隣の部屋で眠ってると思っていたら、起き上がってボーーーっとしてたので、ドッキリしたのを今でも覚えてます。なんだか可愛くて、このまま抱き上げてバナナベッドに連れていった後に倒れました。
ダリ、ボーっと何を考えてたんだろうなぁ。


我が家は浮いたり沈んだりした毎日だったけど、ヂルを迎えて、ダリ的にうれしい事が…

万年じいさんだったはずのダリの若き日々が、ヂルの行動で鮮明に思い出す事が多くなりました。
dali960202.jpg
道路は必ず白線の上を歩く…とか
マンホールで立ち往生する…とか
横断歩道は二足歩行になる…とか
女子とすれ違う時は、必ず立ち止まる…とか
ワンコの気配がすると足早に逃げる…とか
散歩での初うんPは3歳の時だった…とか
枯れ葉に驚いて川に落ちそうになったのでハーネスにした…とか

ダリも案外ビビリィだったのねぇと、ヂルの散歩の練習しながらムフっと笑えたり。
P1020362.jpg

年齢を重ねてドッシリと構えるようになりました。
でも、昔の写真をずっと見ながら振り返ると、本当にゆる〜く、いつのまにか年をとったんだなという感じです。
いつの間にか散歩が億劫になって、
いつの間にか段差が苦手になって、
いつの間にか音に反応しなくなって
本当にゆっく〜〜りだった。

ゆっくりだけど、あ、年なんだ…と思う瞬間があって、
例えばこんなとき


ソファの上に上がれなくて困ってるダリ、
勢いつけたつもりが、しりもちついてます(笑)
カメラ回しながら、がんばれ〜と思ってましたが、今見てみると、お尻支えてあげればよかったなぁ(笑)

P1100407.jpg

ということで、いつまでも大好きなダリでした〜

P1110548.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 22:37 | Comment(4) | ダリじいさん思い出便り
この記事へのコメント
ダリ君今もあたたかいバナナベットで気持ちよさそうに寝ているのでしょうね。
こんな風に思い返せるのもヂル君がきてくれたからなのかな?
動画っていつまでもあの頃のままでいいですね。私も動画撮り続けるようにしようかな。迫る老いにはやっぱり寂しい感じがしますよね。
Posted by naopi at 2009年11月27日 06:38
ダリ爺ちゃん
お久しぶりです♪
また新しいダリ爺ちゃんの姿に会えて、
嬉しいやら、、、  せつないやら、、、
運命の1時間前のお顔、、、
ずーーーっと見つめました。
なんともいえない穏やかで、パピーに帰ったような
無垢な表情に見えました。

ごんろくさんが振り返ったダリ爺ちゃんの老いを感じるさまざまなこと。私も同じようなことを感じ始めて4年以上経つかなぁ〜、、、
本当にね、不思議なことにそれまでの10年余りのありとあらゆることの記憶が遠のき、その後の老犬になってからの事ばかりが、、、

でも本当、元気なヂル坊やが居てこそ悲しいだけじゃない気持ちで振り返れるのでしょうね。
それにしても、、、  ソファーに乗れないダリ爺ちゃんには涙が出ちゃったよ〜〜〜!
Posted by ポポ at 2009年11月27日 13:23
久しぶりにたくさんのダリくんですね、嬉しいです。( ^ー゜)b
どのダリくんも可愛いなぁ〜
いつの間にかわんこも年を取りますね。自分のことは忘れちゃいますけど。−m−
老犬になると加速度を増してあれよあれよです。
今までできてたことができなくなる寂しさを今、実感してます。

もうあれから半年なんですね。
時の流れが速く感じてしまいます。
Posted by ファリデまま at 2009年11月27日 13:32
★naopiさん
ヂルがくる前は、ダリが倒れた時のこと、介護してた時のこと、いつもぼんやりしてたダリの事ばっかり思い出してましたが、今は元気に飛び跳ねてた時のダリを思い出す事も多いです。
動画はいいですよね。ダリの昔の動画、もっと撮っておけばよかった〜っていつも思います。
ほんと、わんこにはゆっくりゆっくり年をとって欲しいですよね。

★ポポさん
そうなんです。運命の1時間前、起き上がってうっすら目をあけて、何とも言えずおだやか〜な顔してたので、すごくドキっとしたんです。可愛いなぁもう…と思うと同時にちょっと不安がよぎったので、抱き上げてそばに寝かせました。そんな不安が的中するとは…
ソファのダリ、これで完全に上がれないと自覚したのか、この頃からソファに手をかけて、私が上げてくれるのをじっと待つようになりました。
それにしても歩き方が懐かしいです(笑)

★ファリデままさん
ダリの若い頃の写真見ると、15年前の自分も出てくるんですよね〜いつもオドロキです!老犬になって歩こうとしなくなってから、ほとんどスリングとかだっこだったので、私の腕も逞しくなったと思います。
できたことが出来なくなるの、寂しいですよね…。ダリも歩きながら壁にぶつかってはじめてターンしてたので、タンスやッドアの20cmぐらいの高さのところは、ダリの鼻汁がいっぱいでした。きっと家中の壁にはまだたくさん残ってると思われます(笑)
Posted by ごんろく at 2009年11月28日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。