2010年08月27日

スマートな散歩

さてうちのヂルるん、さんざん内気だ弱虫だ臆病だ小心だ腰抜けだヘタレだと書いてきましたが、
なんと、今日ベランダでセミをくわえて振り返りました。
大人になったものだ。
_DSC0073.jpg
きっと生きたセミだったら近寄ることも出来なかったでしょうに。
_DSC0123.jpg

夏はずっと夜の散歩でしたが、近頃は夕方、
日が落ちる寸前あたりからキューキュー散歩に出ます。
P1120778.jpg

そうです。まだキューキューは続いてます。

ヂルが家にきてからまもなく1年になりますが、
この1年、散歩は必ずキューキューです。
マンションを出た直後から、
「うきゃきゃきゃきゅーきゅーきゅい〜〜ん♪うきゃきゃきゃっ♪」と始まります。
P1120787.jpg

最初は怖くて嫌なんだと思ってましたが、
近頃は表情と声色が微妙に違うので
ヂルなりの喜びの表現なんだと解釈してます。
でも、「わんわん♪きゃんきゃん♪」ならまだしも、
「うきゃきゃきゃ」って…。
P1120826.jpg

しかし人通りが多いところや国道沿いでは、その喜びもすぐに恐怖に変わり、
顔も不安顔で落ち着きがなくなったうえ、
後ろから膝ガックン攻撃を何度も受けます。
特に交差点で。
P1120827.jpg

もう1歳を過ぎていますが、なかなかスマートに散歩できないヂルでした。
P1120765.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 23:29 | Comment(2) | ヂル坊や便り
この記事へのコメント
ヂル坊は七面相ピンちゃんですね!
縦にに伸びたり横に広がったり、おちゃめな表情かと思うと、妙にキリリとした男前だったり。
実に楽しいです♪

チ〜ン。。。のセミはくわえただけで持って来はしなかったのですか?
以前、ウンPをごんろくさんに運んでくれていたじゃないですか〜
引いてしまうものばかりに興味がいくのは犬のサガですね〜〜〜

うちは昔昔、山の散歩してた頃、途中の石畳の上に干涸びたミミズがわんさかいて、それをパクっパクっと、あれもこれもくわえきれないほど頬張って、しまいにはカーーッ ゲェーーって吹き出して、キョトンとしてたりしましたね〜。  おぞましくも懐かしい記憶。

瀕死のセミも活きのイイカマキリにも、猫パンチしながら闘っていましたよ〜〜〜
私がこの世で1番てくらい虫が苦手なのに。。。

ヂル坊、まだ息のあるセミなんぞくわえたら、一生トラウマになってまうど〜〜〜
ジジジーーー ビビッーーっておしっこかけられて反撃にあうぞ〜〜〜
Posted by ポポ at 2010年09月11日 14:28
★ポポさん
ほんと、ヂルって表情が豊かなんですよ。というか、ほとんどが「あわわわわ」って顔してますけど。
セミは、「ダメッッッッッッ」って怒鳴ったら、キョトンとしたままだったので、相方がその口を押し広げて撤去しました。
私もセミは苦手です〜。
でもまだ動いているミミズを加えられるほどの度胸はないかも。
あ!でも、パソコンのモニタで、マウスの矢印を追いかけます。
きっとヂルの前世は猫だったんじゃないかと思ってます。
Posted by ごんろく at 2010年09月20日 06:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。