2009年06月05日

奇跡の犬

大変なことが起こりました。

なんと、この、ダリじいさんブログが、ブログ村の「ミニピン」ランキングで一位になっておりました!
(6月3日、朝の時点で)
dali090603.jpg
おーーー!スゴイ!


ついにダリは
_DSC0237.jpg
になることができました。
ステキな冥土の土産です。


画家って、亡くなると絵の価値があがるという現象が起こりますが、もとはといえばダリの名前はサルバドール・ダリからとっているので、名付けがいがあると言いましょうか。

絵でも書かせておくべきだったかしら?
未だに捨てられない、シーツについた“地図”ならあるんですけどね…
_DSC0094.jpg


こんなオトボケじいちゃんに、たくさんの愛ポチ、ありがとうございました。
_DSC0209.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 00:37 | Comment(9) | ダリじいさん便り

2009年06月02日

初七日でした

早いもので、6/1はダリの初七日でした。
_DSC0076.jpg
ダリじいさん、お花に囲まれています。

そんなフラワーじいさんの最後の最後の写真、載せようかどうか迷ってたんですが…
あまりに可愛かったので、やっぱり載せちゃいます。


※ダリの亡骸です。苦手な方はご遠慮ください。
⇒安らかに…

パンダ目になってて分かりにくいですが、ちゃんと目を閉じてスヤスヤ眠っているようです。おまけに、折れていた左耳もピンとしています。(横になっているからですが…)

昨日、ついにダリが夢に出てきたんですが、トイレを済ませてこちらに向かってくるダリは、左足がつま先立ちになったり、ちゃんと立ったり、もじもじヨロヨロしながらも、ちゃんと自分で歩いていました!
↓まさにこんなシーンです。
_DSC0199.jpg
あまりに嬉しくて目が覚めたので、ほんの一瞬です。

最後に耳も立って、左半身も治って、今頃本当に走り回っているんだろうなぁと思います。


ところで、ダリの火葬の日、悲しみに暮れる飼い主には、不安なことがひとつ。
葬儀屋さんが迎えに来てくれるのですが、きっとダンボールを持ってくるはず。
そのダンボールはもちろん、3kg前後の小型犬用なはず。

でも…ダリは…後ろ足をピ〜〜ンと伸ばしてくつろいじゃってます。

ぴったりバナナサイズです。
↓安らかな寝顔の向こうには、こんな後ろ足。
_DSC0020.jpg

小さな体ではありますが、とてもそんな小さな箱には入りそうもありません。
案の定、ダリにはちょうどいい箱なのに、その時のダリには短すぎる箱。
結局、マットレスのまま抱かれて運ぶことになったのでよかったですが…。

夜間病院に行ったときも、「楽な格好させてください」と言われたので、おすわりさせようと思ったら、後ろ足を前に放り出したので、先生に笑われました。

どうやら究極の「楽な姿勢」のまま旅立ったダリでした〜。
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 02:35 | Comment(14) | ダリじいさん便り

2009年05月27日

ありがとう、ダリ

たくさんのお悔やみのコメント、本当にありがとうございます。
17日に倒れて以降、ダリは精神的にも肉体的にも辛い日々を送っていたんだと思います。
でも、毎日ダリと一緒にみなさんのコメントを読んで励まされていました。
本当にみんなに愛されているんだなと思いました。とても幸せな子でした。
倒れたと思ったら元気になって…下げたり上げたり下げたり…罪なオトコですね^_^;

PA0_0103.jpg


本日、ダリを荼毘にふしました。
スリングも一緒に入れて、私の大好きだった亡き祖父に託しました。
祖父も大の犬好きだったので、きっと今頃山へ川へと連れて行ってもらっていると思います。
たくさんのワンコたちと一緒にはしゃいでると思います。


ダリの最期、何から書いたらよいのか、わかりません。
ダリの最期をみとることができませんでした。
ダリが旅立った理由、わからないのです。
ダリが最期にどんな思いだったか、苦しんだのか、安らかだったのかさえも。
悔やんでも悔やみきれません。
私の腕の中で旅立つものと信じて疑いませんでした。15年間。

26日、21時頃、仕事から帰った時、ダリに心臓マッサージをしているえびおじさんがいました。
まだだめ、いやだ、行かないでってダリを呼び続けて人工呼吸をしました。
でも、顔を触ると既に冷たくなり始めていました。

いつ頃、ダリに何が起こったか、定かではありません。
いつでも突然すぎる子です。
私もえびおじさんも落ち着いたら、記憶を辿ろうと思います。


29日に休む予定だったのを、急遽、27日に変更しました。
リハビリ用のハーネスが届くからです。
それがこんな休日になるなんて。。。

今朝、そのハーネスが届きました。
痴呆の進行を少しでも区止めるかもしれないと言われるメイベットDCも2箱。
ささみとチーズ、温野菜入りのウェットフード10日分。
でも、ダリはもう使うことができません。
ダリのことが関係しているわけではありませんが、
退職の準備も整え、夏頃にはずっと一緒にいられるはずでした。
また伊豆高原へ行こうって話していました。
ダリは絶対にまだまだ長生きするはずでした。。


リハビリ用のハーネスを開けてみたら、とてもよくできていて、ダリにもたぶんピッタリサイズ。
これを付けて歩く練習をしていたら、絶対にすぐに復活した、と思います。
心臓も強いし、徐々に左側も使うようになっていたし。

だから、このブログはこれから、
「ダリの介護生活奮闘記」になるはずだったし、
「ダリの奇跡の復活劇」にもなったし、
「じいさんのおきラク老後生活」にもなるはずだった。

いつか覚悟をしなきゃと思っていたのに、
まるで準備ができていません。
心がポッカリしていて、胸元からお腹が寒いです。
温かいダリを抱きしめたいです。

ダリ、15年間ありがとう。大好き。愛してるよ。
いつでも一緒だったから、本当に幸せで楽しかった。
またいつか必ず会えるから、待っててね!
でも、ちゃんと覚えていてね!
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 23:50 | ダリじいさん便り

2009年05月26日

永眠しました。

本日夜、ダリが空へと旅立ちました。

まだ気持ちの整理がつきません。
取り急ぎ、ご報告です。
応援してくださった皆様、ありがとうございました。

そして、ダリ、15年間本当にありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 22:54 | Comment(25) | ダリじいさん便り

2009年05月11日

残りはたぶん7本

DSC0145.jpg

今日も背中カキカキしてもらってご満悦のダリです。

15歳をすぎて、まだまだじんわり元気いっぱい!
に見えますが…彼には残り7本しか、ない。
何がって…

DSC0110.jpg



ついに奥歯が全部抜けてしまいました。
ちょうど去年の今頃も抜けた歯があったけど、今回も残っていた奥歯がぐらぐらとぶら下がって、入れ歯がズレたおじいちゃんみたいになってました。

根っこがしっかりしていて抜くのが怖かったんですが、一夜明けたらスッキリ顔だったので口の中を覗いてみたら、すっかり歯がなくなってました。

DSC0005.jpg

しかも抜けた歯が見当たらないので、呑み込んだのかも。

もう、残りは犬歯4本と、上の前歯3本の計7本。
奥歯がないのでドライフードは無理かな?と思ったら、ウェットタイプの小粒ならまだイケそう。
噛んでないけど。

DSC0175.jpg

ところで、歯石がごっそり付いていたダリの奥歯、抜けたとたんに、口臭がなくなり、食後はいつもヌメっとしていたダリの食器も、ツルっとしていて洗いやすくなりました。

DSC0157.jpg

歯石ってやっぱり恐ろしい〜。
歯医者は真面目に通っておこう…と思うのでした。
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 00:54 | Comment(4) | ダリじいさん便り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。