2007年04月27日

ダリの皮膚病

新入りワンコです♪
dalikako1.jpg
ウソです☆

ダリ3歳の時の写真。
ダリが相変わらず寝てるので、
今日は問わず語りの昔話でも…。

皮膚病に悩むワンコと飼い主は多いですが、
うちのダリもヒドイ皮膚病です。

塗り薬やらシャンプーやらいろんなものを試してみましたが、
効果アリ?と思った矢先、またボロボロに逆戻り。
先生から「治りません!」と、太鼓判を押されています。
ハッキリとした原因がわからず、「先天性のもの」とだけ言われ、
治療薬ではなく、カユミ止めをのんでました。
↓痛々しい姿。
dali07042702.jpg
掻きすぎるので、手術してもいないのに毎日エリザベスカラーしたり、手足に包帯巻いたりして、いつも見張ってたので、若いうちから元気のない犬に…。

でも、今になって思うと、たぶんハウスダストと湿気。
ダリ10歳ぐらいまでは、我が家は陽のあたらないオンボロアパートに住んでいて、電車がうるさくて窓も開けないので、湿気とカビとゴキちゃんだらけ。よくまぁ10年も…。
今のマンションに引っ越した途端、ダリがあまり掻かなくなったので、クスリもやめました。ご老体ゆえ、掻き続ける体力がないのかも。

もちろん完治はしてないので、たまに真っ赤になってますが、
命に別状なければよし。と、食べ物も好きに与えてます。
というわけで、参考にもならない皮膚病話でした。

dali070427.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 23:55 | Comment(5) | ダリの青春時代

2007年03月25日

12年前の映像

見つけちゃったんですよ。
ダリの子犬時代の映像。
ダリが家にやってきてまだひと月も立たない頃の初々しい姿。
dali940626.jpg

12年と9ヶ月前、まだ時代は(我が家は…)8mmですよ。
Yahooもなければパソコンのパの字も携帯も知らない頃。
世紀末に世界は滅亡するんだと信じていた時代。
時代の進化とともにダリが成長したワケですわ。

では、ここで、万年じいさんの汚名を返上すべく、
ピチピチダリの公開です。


何か、ボクサー人形が主役になってますが…
過去PHOTOでも登場するこの人形(スタローンと名付けてました)、
私がまだ高校生の頃、母親が仙台土産に買ってきてくれたもの。
なぜ女子高生に?なぜこれが仙台?
と、ツッコミながらも大事にしてたのに、ダリはおかまいなし。
ひと月後…、彼の哀れな末期もしっかり撮ってました。
(残酷です)



ときどき名前を呼ばれて振り向く素直なダリ。
1994年7月25日。ずいぶん昔の話です…

何度も何度も見直して、カワイ〜〜〜〜ッと
絶叫している土曜日でした。

2007年3月25日のダリ。
P1030545.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 01:12 | Comment(5) | ダリの青春時代
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。