2010年05月27日

ダリの一周忌

連続して“背中でも寝顔でも語る男”ダリの思い出便りです。
P1060314.jpg

早いもので26日はダリの一周忌でした。
やっぱり忘れられぬものです。一日たりとも。

P1040626.jpg
ダリと一緒に外を眺めていたこの窓は、
今は隣にマンションが建って何も見えません。
本当に月日は流れているのだなぁと実感します。

ダリは今いる所で友だちはできただろうか。。
P1040190.jpg

若い頃のように走り回っているだろうか。
dali97.jpg

それともやっぱり寝てるんだろうか。
P1050309.jpg

去年の今、この時間…なんてことを一日中考えてしまいました。
そして同時に、去年のこの時、ヂルはまだお母さんのお腹の中。
消えゆくと思ってもいなかった命と、出会うと思ってもいなかった命。
命って不思議だ…。
DSC03549.jpg

と、しんみりしてもしょうがないのですが
実は、ダリの遺骨はまだ家にあります。
どうしても離れられないもので…。
お骨の隣で、デジタルフォトフレームとやらで2GB分のダリの爆笑画像が、
くるくると回っているので、日々癒されています。
P1060043.jpg

死してもなお飼い主を癒してくれる、癒しのカリスマ、ダリ。
P1070028.jpg
君の笑顔も、怒った顔も、寝顔も、ヘコミ顔も、うすら笑いも全部大好きよ〜
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 00:05 | Comment(6) | ダリじいさん思い出便り

2010年05月17日

ばったりダリ爺さんから一年

ダリじいさんがズルっと倒れてから今日で1年。
P1000250.jpg

ってことで、今日はしゅんとした一日でした。
1年もあっという間だったし、15年間もあっという間。
ましてや去年の今日から9日間なんて一瞬でした。
_DSC0133.jpg

もうちょっと世話したかったな。
_DSC0053.jpg

去年のちょうど今頃、なかなか寝付かないダリを抱いてたり、スリングでぶら下げたりしながら、アニマルプラネットのミーアキャットシリーズを繰り返し繰り返し観ていました。

そのせいか、今でもミーアキャットを見るとその時の“匂い”や空気感がまざまざとよみがえってきて、うっかり号泣してしまいます。

そんな飼い主の思い出を知ってか知らずか、近頃のヂルはというと…
IMG_0366.jpg
ミーアキャットさながらに二足歩行で警戒任務にあたってます。

この子はいつかきっと芸犬になれるのではないかと、多大なる期待を寄せています。
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 23:05 | Comment(5) | ダリじいさん思い出便り

2010年04月16日

元気だったら16歳でした!

さて、4月16日。
今日はダリの誕生日でした〜
P1050629.jpg

元気だったら16歳のおじいちゃんでした。
P1080871.jpg

で、4月といえば、年に一度のワンコの公式行事、狂犬病注射ですね。
先日、こちらが届きました。
100416004.jpg
そうです。ダリ宛のハガキです!
前にりょうすけさんのブログで読んでいて、ダリにまさかのことがあったら私もそうしよう…と思っていて、このハガキを待っていたわけです。
「ミニピン」「ダリ」「おす」「茶」「平成6年4月生」
まさに、公式文書!ダリが生きていた証です。

P1050631.jpg
こうしてダリ証明が届いたところで、
ダリの誕生日である本日、ついに…
ダリの死亡届を保健所に提出してきました。
もう、書類を書いている最中にジワリジワリときて、
ほとんど記憶がありません(笑)

本当にもういないのね。ダリ。
P1040976.jpg

そして今朝、不思議現象が。
ダリは子犬の頃から必ず私の腕(肩)枕で寝ていたんですが、
ヂルはまだ腕枕をしたことがなかったんです。
足下に移動してポツンと丸くなって寝るヂルなんですが、
今朝なんと、ヂルが腕枕で寝たのです!
「ダリだ〜」と興奮したら、プイっと移動して1人で寝始めましたが…
ヂルも気をつかってくれてありがとう!
_DSC0186.jpg

ところで、保健所で、未だ住所不定犬であるヂルを登録しようと思ったら…
「注射の時にすませたほうが簡単ですよ〜」
と言われたので、ヂルはまだ未登録でした〜
_DSC0196.jpg
明日、登録にいってきます!
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 22:42 | Comment(2) | ダリじいさん思い出便り

2009年11月26日

ダリじいさん6回目の月命日

今日は、ダリが亡くなって6ヶ月目の月命日です。

P1040217.jpg

半年かぁ…相変わらず写真を眺めてはジュルっとしてますが…
なんだか今でも振り向いたらクピ〜っと眠ってるような気がしてならないです。
P1020553.jpg
と、言って振り向くとヂルが「なに?なに?」と熱い視線を送ってきますが。

今年の5月17日、ダリが倒れるほんの1時間前の写真
_DSC0295.jpg
このとき、隣の部屋で眠ってると思っていたら、起き上がってボーーーっとしてたので、ドッキリしたのを今でも覚えてます。なんだか可愛くて、このまま抱き上げてバナナベッドに連れていった後に倒れました。
ダリ、ボーっと何を考えてたんだろうなぁ。


我が家は浮いたり沈んだりした毎日だったけど、ヂルを迎えて、ダリ的にうれしい事が…

万年じいさんだったはずのダリの若き日々が、ヂルの行動で鮮明に思い出す事が多くなりました。
dali960202.jpg
道路は必ず白線の上を歩く…とか
マンホールで立ち往生する…とか
横断歩道は二足歩行になる…とか
女子とすれ違う時は、必ず立ち止まる…とか
ワンコの気配がすると足早に逃げる…とか
散歩での初うんPは3歳の時だった…とか
枯れ葉に驚いて川に落ちそうになったのでハーネスにした…とか

ダリも案外ビビリィだったのねぇと、ヂルの散歩の練習しながらムフっと笑えたり。
P1020362.jpg

年齢を重ねてドッシリと構えるようになりました。
でも、昔の写真をずっと見ながら振り返ると、本当にゆる〜く、いつのまにか年をとったんだなという感じです。
いつの間にか散歩が億劫になって、
いつの間にか段差が苦手になって、
いつの間にか音に反応しなくなって
本当にゆっく〜〜りだった。

ゆっくりだけど、あ、年なんだ…と思う瞬間があって、
例えばこんなとき


ソファの上に上がれなくて困ってるダリ、
勢いつけたつもりが、しりもちついてます(笑)
カメラ回しながら、がんばれ〜と思ってましたが、今見てみると、お尻支えてあげればよかったなぁ(笑)

P1100407.jpg

ということで、いつまでも大好きなダリでした〜

P1110548.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 22:37 | Comment(4) | ダリじいさん思い出便り

2009年08月17日

ダリじいさん、産まれる(夢)。

ダリの新盆でした。
_DSC0006.jpg
ダリのお骨のとなりのホオズキは、ポポさんから頂きました!ありがとうございます!
亡くなってからはずっと、ひまわりを欠かさずにいたのですが、今度ばかりは、ひまわりじいさんならぬ、ホオズキじいさんになりました。
お盆ですからね。よく似合ってます。

で、ダリが帰ってきていたであろうお盆に、またまた夢をみました。
その日は冷房ガンガンにかけていたのに、なぜかお布団がすこし温かくて、「あ、ダリがいたんだな」って思いながら眠りについたんですが、そのときの夢で、なんと私、ダリを産みました

その様子があまりにシュールだったのですが…

まず、ある日突然、私の背中にもっこりと「膿み」みたいなのができて、それがだんだん大きくなって、前に回ってきて、ちょうどダリの“ぷよぷよ”みたいになり、
_DSC0204.jpg
おへその上ぐらいになって固まってきて、胸が三つあるみたいでやだなぁ、なんて思ってたんですが、周りの人も全然気にしてなくて
(だいたい、昔の友だちとか、親戚とか、ずっと会ってない人だったりするんですが)
しばらくすると、そのぷよぷよが破裂し、ミルクのようなものが勢いよく噴き出し、気がついたら、私は白い雨が降りしきるなか、産まれたてのダリを抱いていたという…
_DSC0065.jpg

なんだかデヴィッド・リンチに映画化してほしいほどシュールな夢でした〜。

ついにダリ、どこかで産まれたのかしら(笑)?
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ posted by ごんろく at 00:05 | Comment(6) | ダリじいさん思い出便り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。